【Bさんの体験談】~我が子を授かるその日まで~

これは私が我が子を授かるまでの出来事を書いていこうと思います。現在私は3児の母です。

しかし、この手に我が子を抱ける日がくるまでには大変な道のりがありました。

初めに1つ、私が誤解していたことがあります。
それは結婚したらすぐ子供が出来ると思っていたことです。

良く言う「子供は授かり物」という言葉!
その通りですね。

私は結婚したあともなかなか子宝に恵まれず、周りから色々聞いて実践していきました。

私の妊活の始まりです!

まずは、【基礎体温】です。
基礎体温を毎朝起きる前に口で計ります。
しばらく続けるとグラフが出来ていきます。
そのグラフで排卵日がいつなのかわかるようになってきます。
私は一年半続けました。

しかし、これには弱点がありました。
排卵日にしかチャンスがないと思ってしまい夫婦関係がグラフに動かされてしまったのです。

私は、そのチャンスを逃してはいけないと「今日しかダメ」と強制するようになってしまいました。

それに、高温期が続くと妊娠したのではないかと過剰なほど期待をしてしまうのです。
毎朝、今日も体温が高くないといけないと思い込んでしまい基礎体温の通常の計りかたを無視してしまうのです。

必要事項を守らないと、これでは基礎体温の意味がありません!

そして同じく【排卵チェッカー】を始めました。
これは検査薬に尿をかけ排卵日を予測するキットです。

しかし、これも私には合いませんでした。
こればかりを意識してしまうのです。

排卵チェッカーを使って排卵日を知らせる判定が出ると自分ばかりが「今日だ、今日だ!」と旦那の意識は関係なく盛り上がってしまうのです。

それと金額です。
排卵チェッカーに関しては排卵の近い日は毎日行うのです。
(排卵チェッカーの種類にもよると思いますが)

妊娠検査薬とは違い、1日に数本使うこともあれば、数日続けて使うこともあります。
なので毎月チャンス日を確認しようと思うとお金がかかるのです。
(数本入って3000円前後します)

なるべくなら出費は押さえたいですよね。

しかしそう思っていながら、いくらお金がかかっても赤ちゃんを授かりたいと思ってしまいます。

そして私は騙されたのです。

「これを付けていれば必ず妊娠します」という【ブレスレット】です。
1つ15000円。
そのブレスレットに個人の念を入れてもらうとプラス8000円で合計23000円でした。
これで赤ちゃんが出来るのであればと私は迷うことなく買いました。

だが、これで妊娠出来ることなんてなく無駄な出費になってしまったのです。

その他にも子宝神社へお参りに行ったり、妊娠に良いというお茶を試したり、風水で部屋を妊娠色に変えたり。。。いろいろしました。

しかし数年経っても妊娠できませんでした。
私にはもぅ赤ちゃんを抱くことが出来ないのかと諦めにも似た気持ちがありました。

ですが妊活から少し離れていたとき、旦那との仲良しのあと私は布団の上で目を閉じていました、
すると、目を閉じているのに一瞬、味わったことないような眩しいフラッシュの光がパッと光ってビックリして目を開けました。

すると、自然に私は自分のお腹へ手を持っていき擦りながら「赤ちゃんがいる」と感じたのです。
ただ何の根拠もありません。

私の勘違いと言われたらそうなのかもしれませんが、本当に不思議な一瞬だったのです。

それから1ヵ月弱が経ち、何の根拠もないまま自分だけの直感を信じ、私は妊娠検査薬を握ってトイレへ向かいました。

恐る恐る検査薬の判定窓を覗き込みました。

結果は。。。
【陽性】
私は妊娠することができたのです。

それから辛いツワリに耐えながらもマタニティライフを楽しみました。

そして、無事元気な我が子を授かりました。