高齢妊活の対策方法

高齢妊活とは主に35歳以上での妊娠希望者を指す言葉ですが、35歳未満の妊活との違いをご存知でしょうか。

35歳以上になると妊娠率が一気に低下する

まず、一番大きな違いとしては、妊娠率です。

35歳未満の自然妊娠率は約25%から30%なのに対して35歳以上の方の自然妊娠確立は18%と一気に下がってしまいます。

体外受精をした場合でも、成功率は35歳未満に比べてぐっと低くなります。

体外受精をする場合は、体力と精神力が勝負になります。体外受精をしてもなかなか妊娠ができない方もたくさんいます。

年齢が上がるほど、不妊治療に対するストレスも多く感じてしまうものです。

また、妊娠をした方全てが出産に繋がるわけではなく、出生率も35歳未満に比べると少なくなってしまいます。

脳死などの死産につながってしまうケースや、初期流産をしてしまうケースなどが多くあげられます。

ここまでは、妊娠率についてお話しましたが、高齢妊娠をする上で、赤ちゃん側のリスクも考えなければいけません。

年齢が高くなればなるほど、ダウン症など染色体異常で赤ちゃんに障害ができてしまう確率が高くなってきてしまうのです。

では、これらの原因は一体何でしょうか。

卵子の質や卵巣の機能に問題がある

卵子の質や数、卵巣の機能の問題だと言われています。年齢と共に、卵巣機能も卵子も老化していきます。

まず、妊娠率の原因ですが、35歳から40歳にかけて急激に卵子の数が減ってしまうのです。その数は約10分の1になるとも言われています。

また、この卵子全てが排卵するわけではなく、一生のうちに排卵する卵子の数は限られています。

卵子の数が減るということは、必然的に排卵できる卵子の数も減るわけです。
従って、妊娠率が低くなってしまうのです。

赤ちゃん側のリスクと改善方法

次に、赤ちゃん側のリスクについてですが、卵子の老化や卵子の質が落ちることで胚の染色体異常や遺伝子異常が多くなり、流産しやすくなってしまったり、ダウン症などのリスクが多くなってしまいます。

改善方法

これらを改善する策として、最近ではミトコンドリアや葉酸などの摂取が奨められています。

妊活をしようと考えている方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

葉酸は赤ちゃんの組織をつくる上で非常に重要な役割を果たします。

赤ちゃんの障害のリスクを減らす為にも、妊活中からの摂取をおすすめします。

葉酸についてもっと詳しく

ミトコンドリアは、細胞を活発化する役割があり、ホルモンバランスを整え、体内リズムをよくすることで、卵子の質、機能など老朽化を防ぐ役割があると言われています。

さいごに

40代を過ぎれば、閉経する方もいらっしゃいます。妊活も時間との勝負だということを、頭の隅に置いておいた方が良いのではないでしょうか。

高齢妊活の第一歩は、性機能の老朽化を防ぐことだと言っても過言ではありません。

葉酸やミトコンドリアはあくまでも一例ではありますが、予防策を考えることは非常に大切なことです。

高齢妊活、出産のリスクをきちんと理解した上で、1日でも早く、赤ちゃんがあなたのもとへ来てくれることを願っています。